60_マラソン

東京マラソン2018

2018年2月25日

2009年の東京マラソンから申し込み続け、ついに当選しました。

10年かかってやっと初当選です。倍率が最近は12倍とかなので、妥当な感じもします。

それでも、いつもの落選メールを見る感じでメールを読んでいたらまさかの当選で驚きました。

そして、今年は後厄なのにまだ厄払いに行っていないせいか、年初からいろいろと起こります。

一番大きいのは腰痛。年初から本格的に再発しましたがなかなか治りません。そのせいで練習予定が大幅にくるってしまいました。

そして、2月から子供二人、嫁が順番にインフルエンザにかかり、私も風が治らず。咳が止まりません。

先週は青梅マラソンに走る予定でしたが、あまりの咳のひどさにDNS。まぁ30㎞走って腰痛が悪化したら東京マラソンに影響が出るので良い判断だったと思います。

そしてついに東京マラソン当日です。

しっかりサポートしてくれる腰痛ベルトを購入し、ロキソニンも飲んで準備万端です。

 

 

新宿スタートというのも非常にうれしいです。朝ゆっくりできます。

新宿に着いて驚いたのは、セキュリティが厳しいです。荷物検査もリストバンドによるIDチェックもやるんですね。スタート地点の周りにはランナーしか入れなくする徹底ぶりは他では見たことがありません。

荷物預けもすんなりいき、トイレは結構並んでいたので行かないことにして並びました。

3万6千人が参加している割には非常にスムーズです。さすが世界のメジャー大会になお連ねるだけあるのだと思います。

 


9時10分スタート。紙吹雪がスタート地点に舞って非常に綺麗です。やはりほかの大会とは全く違います。

都心の真中を走れるのは素晴らしいです。もうわけわからない感動が押し寄せてきます。

観光マラソンとしても最高のコースで、さらに平坦なので走りやすいです。

途中、トップ争いをしている設楽選手とすれ違いました。速いなぁと思いましたが、まさかこの後日本新記録を出すとは思ってもいませんでした。


良い感じで走っていたのですが、中間地点を過ぎたあたりで急にペースダウン。練習不足です。

足の筋肉が悲鳴を上げだしました。30㎞地点では少しつりはじめます。

35㎞地点に家族が応援に来ているので、何とかそこまでは走らないといけないと思い、必死で頑張りました。

ゆっくりなのに必死にならないといけない状況が非常に悲しいです。練習は大切だなぁ・・・。

35㎞地点で無事家族と会い、元気をもらったので残り7㎞頑張って走ります。

残り7㎞から少しずつ距離が減っていくと自然と元気になってきますね。

そして、無事にゴールしました。記録は4時間19分と非常に平凡なタイムです。

ここしばらく4時間を切る走りは出来ていないので、そろそろまた4時間を切りたいと思うのですがまだしばらくかかりそうですね。


走り終わって、防寒用のアルミシートを体に巻きつけてもらいました。何このサービス。すごい!と思いました。

そして、完走タオルと完走メダルも頂きました。

荷物受付も待ち時間もなくすんなりもらえ、着替えもテント内で出来ました。

記録はイマイチでしたが、サービスもコースもこれまでの大会とは別格の素晴らしい大会でした。

また出たいですが、次に当選するのはいつになることやら・・・。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です